寶持寺
所在地 埼玉県幸手市北
遺構 消滅
現状 寶持寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
応永6年(1399) 一色直氏が居館を構える
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社
 
 名門一色氏が三河から関東へ移ってきたときに構えた館跡。永禄12年(1569)に武田信玄は秩父に侵入して北条氏の領内を荒らしまわった。放火と略奪はもちろん、寺社仏閣も焼いて回った。そのときに信玄は田宮館の一色直勝に「秩父で人民断絶してやったもんね」という内容の手紙を送っているからよっぽど得意満面だったのだろう。
 何かないものかと境内を歩いてみたけど一色氏の館があったことはどこにも記されていない。それでも寶持寺の東側の道と用水路は当時の水堀ではないかと感じられた。本堂の屋根瓦には一色氏の家紋である二引き両が輝いていた。
2014/10/16
 
公共交通機関 地図リンク
東武鉄道伊勢崎線「幸手」下車
寶持寺までは徒歩20分程度