第一堀切と土橋を伴う虎口
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町三山
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏が武田氏の侵攻に備えて築く
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社
 
 
黒竹または間明平バス停の中間から皆本集落へ入る
この区間は自由乗降区間なので運転士に声掛けし降車可能
皆本橋を渡り左折すると皆本集会所があり
薬師堂の脇にある石碑のところから登山道がついている
あとは尾根を登るだけで分岐はないので気楽だった
20分も登らないうちに最初の郭跡へ着く
最初の堀切は立派なもので土橋を伴う虎口を形成
堀底から土塁までは2メートル以上はあった
さらに土塁つきの堀切を経て尾根を西へ
最後の堀切も相当の土木作業を加えた規模だった
そこから緩やかな尾根を進むと郭があり主郭が見えてくる
主郭は小規模ながら二段で形成されている
石組が見られるが当時のものかはわからない
主郭には天狗様が祀られているのでそれに伴うものか
ここより西は細く急な尾根下りとなり防御構築はない
 
鷹谷砦跡遠景 薬師堂脇の登山道入口 東尾根先端の郭跡
東尾根上の郭跡 第二堀切 緩やかな尾根が続く
第三堀切 主郭跡近景 主郭跡
 
 秩父の城跡もほとんどは廻り尽くしてしまったため、室山城や比丘尼城のような危険かつ労力に見合わない遺構しかない山城を残す程度になった。それと交通の悪さから敬遠していた小鹿野町の城跡がまとまって残っていた。一昨年に今は合併されて小鹿野町となっている両神村の塩沢城に登る機会に恵まれたが、それを契機としてバスの時刻表を頭に叩き込んで行動すれば小鹿野町もそれほど困難ではないと思うようになった。そう思っていたところへ古い戦友から「小鹿野要害山城と鷹谷砦を攻めませんか」との便りがあった。渡りに船とばかりに即断し時が来るのを待った。
 当日の天気は上々、何よりありがたかったのが無風だったことだ。細い尾根歩きで強風にさらされる恐怖だけは味わいたくなかった。小鹿野町へ向かうバスは本数がかなり少ないけど、3系統の路線があるので小鹿野町役場までは何とか行ける。そこから坂本行きに乗り継ぎをするのが少々面倒だけど文句を言ってはいられない。少ない路線でも路線バスがあるとないのとでは大違いだから。
 登山口までの道程はここでは省略して鷹谷砦について語ろう。遺構は想像よりも遥か上を行くものだった。物見の砦だからあまり期待してなかったこともあるし、図面を見せられても遺構を見落とさないように堀切などもかなり強調されて描かれているものが多いから。そのおかげで僅かな遺構も見落とさずに確認できるからありがたいことではあるが。この砦の遺構ははっきりよくわかるレベルだったので今も頭の中でイメージをすることができる。
 歴史が伝わらない砦跡だけど、間違いなく北条氏が武田氏に備えて築いた砦でしょう。それもかなり力が入っているから永禄12年(1569)以降の武田軍の侵攻を食い止めるために日尾城、小鹿野要害山城の整備と合わせて志賀坂峠方面の守りを固めたものと思います。とりあえず鷹谷砦から西にはもう埼玉県内に城はないけど、こういった急ごしらえの城跡はまだまだ眠っているんじゃないかなと考えます。
2017/02/22
 
公共交通機関 地図リンク
西武鉄道「西武秩父」下車
西武バス「小鹿野車庫」行きで「小鹿野町役場」下車
西武観光バス「坂本」行きで「黒竹」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項