堀切
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町長留
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 Webサイト/北武蔵城郭フォーラム
 
 
松井田バス停の近くにある観光案内イラストには
大坂城の天守を模した両谷城の勇姿があった
国道299号線から県道43号線に入り坂道を登る
切通しにあるカーブミラーと道路標識の場所から登れる
最高所に城があると思いがちだけど北東尾根へ進む
すぐに堀切があり、さらに進むと片堀切の向こうに主郭
樹木が邪魔だけど見晴らしはとても良く
吉田町の寺山砦や吉田龍ヶ谷城を見渡せる
日尾城方面から吉田龍ヶ谷城に伝える狼煙の死角を補う
そんな役割を果たすために築かれた砦ではないか
 
両谷城跡 登山道入口 大手虎口
南端の堀切 主郭手前の堀切 主郭跡
 
 松井田の琴平神社背後の山の北東尾根先端に築かれている。2007年に発見されたから歴史や沿革は不明だが、秩父郡内の狼煙を伝達するために北条氏配下の土豪クラスによって築かれたと思う。すぐ近くに長留館や奈倉館があるがこれらとの関係はわからない。有事の詰め城といった防御態勢が取られた城とは言い難い規模だ。
 松井田バス停で降りて戦友と攻城ルートを確認しているときに地区の観光案内板に両谷城が描かれていた。思いっきり大坂城天守の絵だ。それでも地元で城跡として認識されているのは微笑ましいことだ。43号線に入り秩父市方面へ歩くと道が蛇行するところに切通しがある。カーブミラーと県道標識の背後から登ればいい。距離も傾斜もたいしたことはないけどイバラが自生しているので掴まないように注意してください。
 ここからは10分もかからずに城跡へ行ける。バス停からは近いし登りも楽だし時間も短くて済む。こんな城ばかりだったらいいなと思いつつ堀切を眺めてみる。浅くはなっているけどしっかりした堀切だった。郭を経て主郭へ進むと片堀切がある。こっちはかなり埋もれているから図面を見ながらでないと気づかないかも。主郭は小さくて土塁もないけどきちんと平らになっていた。木が邪魔なので城跡からの眺望写真は撮影していないけど、肉眼でも吉田の龍ヶ谷城と寺山砦がよくわかった。特に寺山砦はきれいな円錐なので目印になった。小さいながらも目的意識が感じられる城跡ってとても好きだから楽しかった。ひとつ補足すると城跡の遠景写真は両谷城は奥に隠れてほとんど写っていない。ただ、西側のバス停付近から見たときにわかりやすいだろうと思ってそのまんま載せてあります。
2017/02/22
 
公共交通機関 地図リンク
西武鉄道「西武秩父」下車
西武バス「小鹿野車庫」行きで「松井田」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩10分程度