主郭跡
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町三山
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 Webサイト/北武蔵城郭フォーラム
 
 
国土地理院の地図には戸蓋峠への林道表示があるが
現在、この林道は通行する者もなく消失している
尾根そのものも崩落が激しく危険極まりない状態だ
東電三山開閉所の裏に鉄塔保守道があるので利用した
途中、土石流で道は流失している箇所があるので直登する
すぐに元の道に出るが崩れやすい斜面で歩きづらい
鉄塔へ出たあとの尾根道はずっと快適になるが
二の郭手前の登攀は岩が多くてきつかった
堀切はうっすらとわかる程度で図面なしでは気づかない
土塁もなくそれほどの造作は行われていない
主郭から西へ下りるときは足場が悪く断崖絶壁なので注意
ここから眼前に悪魔のような細尾根が続く
 
要害山の遠景 登山道入口 南東尾根の堀切
二の郭跡 二の郭跡から見る主郭跡 三の郭跡
西尾根の堀切 戸蓋峠方面への尾根道 尾根上から見る塩沢城
 
 秩父路の古城址を読んでいたときに鷹谷砦の解説の中に要害山のことが触れられていた。そんなことはすっかり忘れていたのだが、最近の実地踏査でここが城跡と認識されるようになった。ただ、道がない。あっても流失、崩落で危険この上ない状態という噂しか聞かない。そんな中で勇敢なる戦友たちは果敢に挑戦して攻め落としている。凄いなぁと感心したものだが、現地状況と交通手段を考えて二の足を踏んでいた。それから数年してやはり気になったのでいろいろ調べてみたら戸蓋峠から行かなくても登れることがわかった。
 「行こうかなぁ。でも単独は怖いよなぁ。落ちたら死ぬし屍も発見されないだろうなぁ」と思っていたところに赤紙が来た。戦友からの攻城作戦の通知である。二人ならなんとかなるかと誘いに乗った。ここへ来る前に鷹谷砦で足慣らしをした。わずか20分ほどで登頂達成だったので勢いを駆って小鹿野要害山城へと向かう。東電開閉所のトラスが不思議な造形美を放っている。この裏側にある鉄塔保守道を行くのだが、これはもう道と呼べるようなものではない。この道と比較したら獣道が幹線道路に見えるぐらいだ。
 それでも悪戦苦闘しながら30分ほどで城跡へ着いた。堀切といえば堀切といった程度の遺構と平坦地があるだけだ。何もないよりはずっといいけど苦労の代償としては見返りが少ないような。山頂で休憩し食事をとる。自分はいつものようにカロリーメイト1袋を口にする。樹木に遮られているけど鷹谷砦が眼下に見える。日尾城方面は直接見ることができないようなので烽火で急を伝えたのだろう。ひょっとすると物見の砦を兼ねた村の城ってやつなのかなとも考えた。達成感だけは胸いっぱいで意気揚々と下山し、最初に鉄塔のところで南側を見ると、同行した戦友と攻め落とした塩沢城が見えていた。そのときは気づかなかったのだが、帰宅後に画像の整理をしていたときに気づいた。戦友も同じことに気づいたようで、それを伝えるメッセージが届いていた。ずいぶんと高い山に登ったものだと半ば呆れつつ調べたら比高差270メートル程度あった。もう二度と行きたくない。
2017/02/22
 
公共交通機関 地図リンク
西武鉄道「西武秩父」下車
西武バス「小鹿野車庫」行きで「小鹿野町役場」下車
西武観光バス「坂本」行きで「半平」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩40分程度
特記事項