土塁
所在地 埼玉県越谷市大成町
遺構 土塁
現状 大相模小学校
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正年間(1573〜92) 宇田長左衛門が屋敷を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 江戸時代に忍藩主阿部氏より柿ノ木領の割役名主に任じられた宇田家の屋敷跡である。割役名主とは名主階級の元締であり、地元では代官という尊称で呼ばれていたという。宇田氏の出自はよくわからないが、江戸時代の名主階級の多くがそうであるように土地に根差した土豪がそのまま豪農として続いたものだと思うし、場所的に推察すれば岩槻太田氏に属していたのだろう。
 宇田家そのものは当地から立ち去っており、屋敷跡は大相模小学校になっている。グラウンド東側に巨大な土盛りがあって土塁ともされているけどどうでしょう。グラウンド造成時の残土だと思うけど。それよりも校内の土塁のほうがいい感じだな。小学校だからカメラぶら下げてうろうろできないから撮影してすぐに立ち去った。
2015/10/08
 
公共交通機関 地図リンク
JR武蔵野線「越谷レイクタウン」下車
屋敷跡までは徒歩25分程度