高野浅間台城
 
 
主郭跡
所在地 埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野
遺構 消滅
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
正平17年/貞治元年(1362) 因幡永富が築く
室町時代 一色氏により幸手城の支城となる
文明3年(1471) 扇谷上杉氏配下の長尾景信と太田資忠が高野城を攻め落とすが一色氏が奪還する
天正2年(1574) 上杉謙信が高野城を焼き払う
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 幸手市の城館探訪で立ち寄った。航空写真を見たときに遺構が残っていそうな気がしたのがその理由だ。実際に訪れてみると商業地が建設されてしまい城跡の半分ぐらいは失われていた。雑木林になっている場所もあるが10月半ばだったので立ち入ることはしなかった。何より大変だったのは杉戸高野台駅からここまでの道程で、直線距離にしたらたいしたことはないのだけれど、真っ直ぐ着くような道がなく、あぜ道を横切ったり、用水路を飛び越えたりと大冒険になってしまった。
 近くに永福寺がある。施餓鬼で有名なお寺だ。お寺のホームページがとても面白かった。城主の因幡永富長福は非道な行いが多く、最後は落馬して苦しんだ末に亡くなった。彼の息子は比叡山で修業して僧籍となり、地獄に堕ちた父のために大施餓鬼を行ったというのが高野城に近くにある永福寺の縁起であるそうだ。これはこれで勉強になった。
2014/10/16
 
公共交通機関 地図リンク
東武鉄道伊勢崎線「杉戸高野台」下車
城跡までは徒歩30分程度