久喜館
 
 
南側の堀
所在地 埼玉県久喜市本町
遺構 土塁・水堀
現状 甘棠院
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
永正15年(1518) 古河を追われた足利政氏が居館を構える
永正17年(1520) 政氏、反目していた嫡男高基のもとを訪れ和解する
享禄4年(1531) 政氏、この館で没する
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
館跡の石碑と案内板 甘棠院 足利政氏墓
南側の堀 西側の堀 北側の堀跡
 
 久喜市の城館跡は遺構が残らない場所が多くて今ひとつに感じるけど、足利政氏館跡は今もしっかりした堀を残している。現状では空堀となってはいるが、このあたりは湿地だったので往時は水堀だったとのこと。境内には政氏の墓も残っているので散策するのは楽しかった。駅からもそれほど遠くはなく徒歩で20分もあれば着く。
 息子と仲違いして古河の御所を追われてここに館を構えた政氏だけど、最後は仲直りできたわけだし、愛着もあったであろうこの館で没することができたのは幸せだったのかもしれない。何も言わない彼の墓碑を眺めつつそんなことを考えた。
2004/02/22・2009/12/21
 
公共交通機関 地図リンク
JR宇都宮線「久喜」下車
大和バス「清久工業団地」行きで「甘棠院入口」下車
館跡までは徒歩5分程度