郭跡
所在地 埼玉県久喜市菖蒲町新堀
遺構
現状 菖蒲城跡あやめ園
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
康正2年(1456) 古河公方足利成氏に仕えた金田則綱が菖蒲城を築く
天正18年(1590) 成田氏に仕えた金田秀綱は北条氏滅亡により帰農し菖蒲城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
菖蒲城跡 城址石碑 栢山陣屋の移築門
 
 菖蒲城はとても名前の美しい城跡だと思っていた。菖蒲の地名は奈良時代からあったそうで、辺り一面に菖蒲の花が咲き誇っていたことが地名の起こりだというから、余程美しい景観を持った城だったのだろう。湿地に浮かぶ城だったこともあって今は遺構は残っていない。ただ、郭跡が周囲の水田より高くなっていることがわかるだけだった。ただ、石碑も案内板もあるし栢山陣屋から移築された陣屋門もあったりして楽しかった。ちょうど秋に訪れたこともありたくさんのトンボが飛び交っており、それもまた楽しい思い出となった。
2014/10/07
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「桶川」下車
朝日バス「菖蒲車庫」行きで「新堀」下車
城跡までは徒歩10分程度