幸手陣屋・一色館
 
 
一色稲荷神社
所在地 埼玉県幸手市中
遺構 消滅
現状 一色稲荷神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 一色直朝が幸手城を築く
天正18年(1590) 北条氏滅亡後、一色義直が徳川家康に仕え5千石の知行を得て幸手城跡に陣屋を構える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
幸手城跡案内板 鬼門除けの天神神社 天神神社案内板
 
 名門一色氏の居城だった幸手城、これっぽっちの遺構も留めていないことは重々承知だったが、やはり関東を地盤に城廻りをしている者にとっては一度は行かねばならない地だった。自宅から遥か遠くにある何もない城跡探訪。言ってみれば作業であり苦行だ。しかし幸手市は自分の中で空白地帯として残されていたので、それを埋めるべく武蔵野線で越谷まで出かけて東武電車へ乗り込んだ。
 幸手駅東口徒歩3分。不動産屋の広告のような場所に幸手城跡はあった。とりあえず案内板は設置されているし、ちょっと歩いたところにあった天神神社にも幸手城の鬼門云々ということが記されていた。これだけでもよしとしよう。というわけでそそくさと作業を済ませて一色稲荷神社に隣接する十万石饅頭に立ち寄り饅頭を2つ買って次の目的地へと向かったのだった。
2014/10/16
 
公共交通機関 地図リンク
東武鉄道伊勢崎線「幸手」下車
陣屋稲荷神社までは徒歩3分程度