若宮八幡宮
所在地 埼玉県幸手市権現堂
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 一色氏の家臣巻島主水助が屋敷を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 一色氏の重臣槇島氏の屋敷跡は幸手駅からずいぶんと遠くにあった。山城国槇島の出身で故郷の地名を苗字としていたが、北条氏滅亡後、帰農したときに巻島と改称したらしい。屋敷跡は市街地から外れた場所だが、ぽつぽつと新しい家が建ち始めていた。屋敷跡の一画にあったであろう若宮八幡宮の小さな社だけが往時を偲ばせる。
2014/10/16
 
公共交通機関 地図リンク
東武鉄道伊勢崎線「幸手」下車
屋敷跡までは徒歩30分程度