主郭跡
所在地 埼玉県幸手市天神島
遺構 郭・土塁・水堀
現状 天神神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 幸手城主一色氏が支城として築く
天文23年(1554) 北条氏が天神島城を攻め落とす
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
天神島城跡遠景 案内板 居館跡の水堀
郭と堀跡 郭と堀跡 土塁
 
 幸手市内の城館探訪は起点となった幸手城からして何も遺構は残っておらず、それからいくつかの城館跡を廻るも、いずれも似たり寄ったりで退屈極まりないものだった。市街地から遠く離れた天神島城へ向かう足取りは重い。平地の沼沢地を利した浮き城などさらに何もないだろうという気持ちが去来するが、これも試練だと言い聞かせて歩を進めた。
 幼稚園だったか保育園だったか忘れたが子どもたちの嬌声が聞こえる。楽しそうだなぁと思いつつ天神神社へ着くと、それまでの絶望感が少し解き放たれていくのがわかった。何となくだけど城のかたちが残っているじゃないか。資料片手に歩くと居館跡とされる邸宅の周囲には水堀がある。天神神社の周囲も低くなっており堀だったことが把握できる。おまけに案内板まであるし。
 ちょっと面白くなってきたぞ。もう少し周辺を歩いてみよう。水田を沼地に見立てればおぼろげながらも城の輪郭が浮かんでくる。というか微高地は郭跡そのものだ。ブロック塀に隠されてはいるが見紛うことのない土塁も見えている。これだけ残っていればもう十分ですよ。
2014/10/16
 
公共交通機関 地図リンク
東武鉄道伊勢崎線「幸手」下車
城跡までは徒歩30分程度