内藤氏陣屋
 
 
陣屋跡と案内板
所在地 埼玉県久喜市菖蒲町下栢間
遺構 土塁・水堀
現状 栢山小学校
目標物 案内板
史跡指定  
 
天正18年(1590) 徳川家康の家臣内藤正成が5千石で陣屋を構える
 
参考 栢山陣屋跡案内板
 
 
陣屋跡の栢山小学校 水堀跡 移築された陣屋門
 
 徳川十六神将の一人で弓の名手として知られた内藤四郎左衛門正成の陣屋跡は現在、栢山小学校となっている。何も遺構はないと思いきや、ここへ来る途中に訪れた菖蒲城跡に陣屋門が移築されており、栢山小学校の周りに水堀が残り、おまけに案内板まで設置されていた。土塁も残っているらしいけど思い切り見落としてしまっている。この日は桶川駅からバスで菖蒲城跡の近くまで乗り、そこから数々の城館跡に立ち寄りつつ桶川駅へ戻る旅をしたのだが、美しい田園風景や穏やかな秋の陽射しを浴びて、思いのほか楽しかったことを思い出す。
2014/10/07
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「桶川」下車
朝日バス「菖蒲車庫」行きで「下栢間」下車
栢山小学校までは徒歩5分程度