一本榎
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 毛呂氏が居館を構える
 
参考 毛呂山町史/毛呂山町・武蔵武士/まつやま書房
 
 毛呂駅から県道へ出て北進すると街路樹の無い道に一本の榎が立っている。ここが榎堂と呼ばれる毛呂氏の最初の居館跡とされる場所だ。遺構は当然ながら残っていないし、それを示すような案内板なども設置されていないが、今も流鏑馬の行事はこの榎堂を廻って行なわれている。地元でもここが毛呂氏の居館跡として認識されているのだろう。こうした古い慣習は途絶えがちだが、毛呂の流鏑馬は今日まで毛呂山町の人たちに受け継がれている。とても立派なことだと思う。
2010/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「毛呂」下車
館跡までは徒歩10分程度