毛呂顕季館
 
 
主郭跡
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町小田谷
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
鎌倉時代 毛呂氏が居城として築く
戦国時代 毛呂顕重、北条氏に従属する
天正18年(1590) 毛呂顕重、八王子城の守備につく。子孫は徳川家に召し出され幕臣となる
 
参考 毛呂山町史/毛呂山町・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
毛呂山城跡 毛呂顕季館跡の碑 毛呂一族の墓
主郭跡の土塁 虎口 堀切
石尊山の山頂 腰郭状の地形 石尊山からの眺望
 
 毛呂山町は自宅からもそれほど遠く感じないこともあり何度か訪れている。また、仲間と埼玉県内の城館探訪をするときにいつも通り過ぎる町なので馴染み深い場所だ。
 毛呂氏は藤原氏を祖とする古い家系であり、平安時代末期から武士が活躍した時代を生き抜いた数少ない名族だ。当然、居館跡もいくつか存在するがいちばん知られているのが長栄寺の裏山にある毛呂山城だろう。境内には毛呂氏館跡の標柱が建つが、そのとおりで城というよりも館といった規模の広さと遺構で構成されている。常緑樹が多いために真冬でも樹木が密生しており全体像が掴みづらい。それでも現地を歩くと虎口や堀切がはっきりとわかるので貴重な遺構だと思う。
 戦国時代に毛呂氏は山内上杉氏の軍勢を毛呂山城で迎え撃ったが、そのときの毛呂山城というのはこの城ではなく、ゴルフ場の中に残る竜谷山のことを指すのだろうと思う。ただ、ひょっとしたらこの城に立て籠もった可能性もあるので戦友と毛呂山城から連なる石尊山までの山道を踏査してみた。山頂は平らになっており、郭をふたつ並べたような感じだった。腰郭のような平場もあり眺望も利く場所だった。ただ、戦国時代の話だから、防御面を考えるとかなり脆弱だと感じられるので、やっぱり竜谷山城を詰め城として戦ったのではないかな。
2005/05/01・2010/02/17・2014/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「毛呂」下車
城跡までは徒歩15分程度