南東隅の土塁
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町平山
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
戦国時代 斎藤美濃守冨長が館を構える
永禄元年(1558) 斎藤美濃守冨長が死去する
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・毛呂山町史/毛呂山町・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
長屋門 南面の土塁 西面の土塁
 
 宅地化が進む毛呂山町にあって、今も中世土豪の居館跡の遺構をとてもよく残していた。長屋門は近世のものだと思うけど、館を囲む土塁は思わず息を呑むほどの規模だったことを思い出す。ちょうど庭先にご婦人がいたので見学していいか尋ねたら快くOKを出してくれた。もちろん邸宅内に入ることはしなかったけど、土塁の内側は見せてもらうことができた。
 斎藤氏は源平争乱の時代に活躍した斎藤別当実盛の末裔という。なぜか三河から武蔵へやってきたのが戦国時代のこと。扇谷上杉定正に仕えた後に松山城主上田氏に仕えたというから、早い話が北条氏の支配を受けていたことになる。北条氏滅亡は土着しているが、これだけの身代だったわけだから名主役を務めていたのだろうが、そこは調べてないからわからない。ここはもう一度来てもいいな。
2005/05/01・2006/03/30
 
公共交通機関 地図リンク
東武越生線「東毛呂」下車
館跡までは徒歩10分程度