十社神社の土塁
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町大類
遺構 土塁・空堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 大類五郎行義が居館を構える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
土塁 空堀 空堀
鎌倉街道の堀割遺構 崇徳寺跡の土塁 苦林野古戦場碑
 
 大薬寺から十社神社の間に広がる方形区画が児玉党大類氏の居館跡である。大類集落あたりはまだ武蔵野の面影が残る雑木林が残っていた。気をつけねばならないのが中世居館とはまったく関係のない大類館という施設があることだ。どういう施設なのかは知らないけど紛らわしい。大類氏の居館跡には道標も案内板もないので道標があったら信じないようにしよう。
 館跡はかなり風化が進んでいる。土塁はよくわかるけど空堀はよほど目を凝らさないとわからない。這いつくばるようにして堀の深さを出そうとしたのだが無駄な抵抗だったようだ。だから館跡単体で訪れるとかなり不完全燃焼してしまう。そこでひと手間加えましょう。近くには鎌倉街道が残り、それほど遠くない場所には崇徳寺跡がある。ここは居館跡ではないかと見まがうほどの土塁と空堀がある。それと苦林野古戦場碑も近い。このあたり一帯は古墳だらけで古戦場碑も古墳の上に建っていた。古代から中世までの遺跡の宝庫ともいえる場所だから、大類館もそのついでにどうでしょう。
2009/12/13・2014/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「坂戸」下車
川越観光バス「大橋」行で「善能寺」下車
館跡までは徒歩20分程度