宿谷館
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町葛貫
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 宿谷氏が居館を構える
 
参考 毛呂山町史/毛呂山町
 
 平姓児玉党の宿谷氏の居館跡とされる場所のひとつ。宿谷氏は平安時代末期に宿谷の地に館を構えた。鎌倉時代に山間部から平野部に進出して構えた館がここと思われる。
 鎌倉時代末期の宿谷氏は同族間でも敵味方に分かれている。宿谷則氏は足利尊氏に従っており、当初は楠木正成の籠もる赤坂城の攻撃に参加していたが、尊氏とともに幕府に叛旗を翻し倒幕軍に参加している。逆に宿谷行惟は最後まで北条氏に従い滅んでいる。この行惟の遺児重顕はまだ幼児であったため家臣に守られて宿谷の地に戻っている。
 ここは戦友とともに訪ねた。住吉四所神社が近くにあったことを覚えている。民家となっているため内部の見学はしていないが、道沿いから台地上へ入るとかなり立派な土塁があった。ただ、夕方であったために綺麗な写真が撮れなかった。それと今でもはっきり覚えているのは、この頃の僕は腰痛がひどくてとてもじゃないが城館探訪に集中できない時期だった。ちょっとした拍子に腰が抜けるような感覚と鈍痛、そしてたまにやってくる激痛に苛まれていた。戦争映画みたくモルヒネでもくれないかと切に願う日々だった。もうまったく問題はないのだが、さすがにここまで行くだけの気力がもうなくなっちゃったなぁ。
2009/12/13
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「毛呂」下車
館跡までは徒歩30分程度