越生神社の土塁
所在地 埼玉県入間郡越生町越生
遺構 土塁
現状 越生神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 越生有行が居館を構える
文治5年(1189) 越生有弘が奥州征伐の戦功により越生の地頭職に任じられる
承久3年(1221) 越生有高が承久の乱で戦功を挙げる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・越生神社案内板
 
 
越生神社 越生神社の土塁 越生神社案内板
法恩寺 越生絹会館 越生の梅
 
 越生町には児玉党の居館跡が点在している。この日の城館探訪のトップバッターは町名にもなっている越生氏の居館跡だった。越生町は町内の児玉党の居館跡や城跡に積極的に標柱や案内板を設置してくれている城郭愛好者に優しい自治体だ。そんな理由もあって熱病のように越生町へ出かけていた時期がある。
 越生氏の居館跡の候補地は2つあって、ひとつは越生絹会館である。ここは以前、昭和5年に建てられた大正時代の香りを残すような瀟洒な建物が残されていたのだが、残念なことに老朽化を理由に取り壊されてしまい今は真新しい建物となった。ここに越生館跡の標柱があったのだが、僕が訪れたときにはどこを探しても見当たらない。ちょうど会館から出てきた職員に尋ねたら、建物の新築と同時に撤去したそうな。ずいぶんなことをしてくれたものだと落胆した。付近は沼沢地で昔は堀が残っていたらしいが、今はまったく面影を残していない。
 もうひとつは大高取山ハイキングコースの入口に立つ越生神社。神社の案内板には越生氏の居館はここにあったことが記されている。越生神社には土塁もあるし、高台から集落を見下ろせる開発領主の景観に相応しい場所だとは思う。
 周辺を歩いていてもうひとつ気になったのは越生氏ゆかりの法恩寺だった。寺の案内板には「鎌倉時代に時の領主倉田孫四郎基行は源頼朝に法恩寺の再興を願い出た」と記されている。倉田氏はたしかに児玉党越生氏の一族だが、なぜか居館跡は桶川市に伝わっている。それはさておき、法恩寺も居館を構えるには適当な場所だと思ったけどどうでしょう。越生町内に倉田氏の居館跡は伝わっていないから、ここが倉田氏の居館だったのではと考えてみたくもなるのだが。いずれにしても越生氏の居館跡はもうワンパンチ足りないような印象のまま、自分の中では完結している。
2005/05/01・2010/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
東武越生線・JR八高線「越生」下車
越生神社までは徒歩10分程度