岡崎薬師館
 
 
館跡標柱
所在地 埼玉県入間郡越生町越生
遺構 消滅
現状 越生町郷土資料室
目標物 標柱・案内板
史跡指定  
 
鎌倉時代 岡崎四郎三郎有基が館を構える
 
参考 岡崎氏館跡案内板
 
 越生町の城館探訪は楽しかった。それは遺構が失われている場所でも立派な標柱と案内板が設置されているからだ。これがあるとないとではまったく達成感が違う。何もない民家や畑の写真撮っても説得力がないからね。岡崎薬師の手前に標柱があり、実際に居館が構えられていたのは越生町の郷土資料室あたりだったと記されていた。こんな立派な標柱を設置してくれた越生町に感謝します。
2005/05/01・2010/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
東武越生線・JR八高線「越生」下車
館跡までは徒歩20分程度