標柱
所在地 埼玉県入間郡越生町黒岩
遺構 消滅
現状 五大尊
目標物 標柱
史跡指定  
 
鎌倉時代 黒岩次郎有光が居館を構える
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 ツツジの名所として知られる五大尊は児玉党黒岩氏の居館跡だ。遺構は消滅しているけど越生町お得意の銀色の標柱が建っている。はじめて訪れたときはツツジが咲き誇っていた。色とりどりのツツジをたくさんの人たちが愛でている。残念ながら自分は花にはさっぱり興味がない。
 二度目は耳がちぎれるぐらいに寒い冬の日。最初に訪れた越生神社と高取城では雪が降っていた。岡崎氏の居館を訪ねたときには雪はやみ、雨にもならず道が乾いていた。遺構は消滅と書いたけどなんとなく土塁に見えて仕方ない場所もあった。でも確かめに行こうとは思わない。
2005/05/01・2010/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
東武越生線・JR八高線「越生」下車
館跡までは徒歩25分程度