田代館跡
所在地 埼玉県入間郡越生町古池
遺構 空堀
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定  
 
年代不詳 田代氏が居館を構える
寛正6年(1465) 医師田代三喜がここで生まれる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
田代館跡 田代三喜出生地の碑 越生梅林
 
 越生町の城館探訪で立ち寄った。田代氏について詳しいことはわからないが、室町時代に田代三喜という人物が出ている。長享元年(1487)に三喜は遣明使として明国に渡って医学を学び、帰国後は古河公方足利政氏の侍医となった偉い人だ。戦国時代の高名な医師であり豊臣秀吉の侍医を務めた曲直瀬道三も三喜の門人だった。病床にあった三喜は道三に口述で医学を伝え、それに感動した道三は自ら流した涙で墨を摺ったという。涙で墨を摺るのは大げさというか嘘だろうが、越生出身の偉人だったのは間違いない。それにしても田代氏って本当に武士だったのか。
2006/03/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武越生線「越生」下車
川越観光バス「黒山」行きで「中津久根」下車
館跡までは徒歩10分程度