自得軒
 
 
建康寺
所在地 埼玉県入間郡越生町小杉
遺構 消滅
現状 建康寺
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
室町時代 太田道灌の父道真が隠棲の館を築く
明応元年(1492) 道真、この館で82歳の生涯を閉じる
 
参考 建康寺案内板
 
 太田道灌は全国的な知名度は低いかもしれないけど、関東地方ではスター選手だ。昔のヤクルトで言えば若松勉ほどではないが、杉浦亨ぐらいの格付けと言えばおわかり頂けるだろうか。道灌は名将として謳われる人だが、父親の道真もまた名将の器だったらしい。大相撲に例えるなら逆鉾と寺尾の人気兄弟力士の父親だった井筒親方のような存在だ。
 越生梅林から越辺川を遡った小杉の地に建康寺はある。ここが有名な太田道灌の父道真が隠棲した自得軒の跡である。立派な伽藍もなく民家のような小さな寺だが鄙びた雰囲気がとても良い。
 文明18年(1486)夏に息子の道灌は相國寺の僧万里とともに川越城から父道真を訪ねた。万里は『梅花無尽蔵』の中で太田父子と過ごした一夜のことを絶句で残している。
 
 稀郭公(ほととぎす稀なり)
 縦有千声尚合稀(たとへ千声ありと云へども尚合ふは稀なり)
 況今一度隔枝飛(況や今一度枝をへだてて飛ぶをや)
 誰知残夏似初夏(誰か知らん残夏初夏に似たるを)
 細雨山中聴未帰(細雨山中にきいて未だ帰らず)
 
 一夜明けて万里は道灌父子と別れて美濃へ去った。この年の秋に道灌は相模糟屋で主君扇谷上杉氏に暗殺されている。この小杉の館での夜が道灌父子最期の対面となったわけである。道真は退隠の地に建康寺を建立し非業の死を遂げた我が子の菩提を弔ったという。
2005/05/01
 
公共交通機関 地図リンク
東武越生線・JR八高線「越生」下車
川越観光バス「黒山」行きで「梅園小入口」下車
建康寺までは徒歩45分程度