三枝庵・山枝庵・自得軒砦
 
 
郭跡と案内板
所在地 埼玉県入間郡越生町龍ヶ谷
遺構 郭・土塁
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
永享2年(1430) 太田道真が砦を築く
 
参考 山芝庵案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
砦跡入口の道標 土塁 虎口状の地形
段郭 龍穏寺 太田道真と道灌父子の墓
 
 まさに隠れ里といった雰囲気だった。戦友と車で訪れたわけだが、どういったルートだったかも覚えていない。こんなに山深い場所に太田道真が砦を構えたのは、扇谷上杉氏の執事を務めていた道真がまだ若輩だった頃であり、古豪の越生氏や毛呂氏からは「黙れ、小童!」といった感じでなめられていたわけなんですな。何かにつけて反抗的な態度を見せる国人衆たちの動きが穏やかでないことを感じて山芝庵を築いたようです。多少言うことを聞かないぐらいだったら、こんな山奥に砦は築かないわけだから、当時は相当不穏な空気が流れていたものとお察しします。
 有名な太田道灌はここで生まれたということです。こんなに日当たりに悪い場所で子育てをする奥方も大変だったろうと思います。歩いてみればわかりますが、シダばっかりで山の北側斜面だから日が差さないし湿気も多い。幼い道灌公は病弱だったんじゃないかな。当時だと結核とかになっちゃうような場所です。
 遺構は見てのとおりでシダに覆われ杉が乱立し明確じゃないです。それでも段郭は確認できるし虎口もあります。時勢を待つために隠れ住んだ場所だからこんなものかなといった印象でした。龍穏寺は太田道真と道灌父子の墓があり門前を清流が流れて美しい寺。山奥のそのまた奥にあるような寺院だけど案外と観光客がいて驚きました。
2009/12/13
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武越生線「越生」下車
川越観光バス「黒山」行きで「上大満」下車
城跡までは徒歩60分程度
特記事項