屋敷跡
所在地 埼玉県入間郡越生町龍ヶ谷
遺構 建物・水堀・井戸
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
江戸時代 龍穏寺の寺代官を務めた宮崎氏の屋敷
 
参考 戸神代官屋敷跡案内板
 
 
案内板 屋敷跡の土盛り 虎口の石積み
水堀 井戸 屋敷跡
 
 戦友と太田道真が砦を構えた山芝庵を訪れた帰路に意図せず見つけた江戸時代の代官屋敷。ちょっと立ち寄ってみようと足を踏み入れた。食べられるかどうかはわからないけど庭先のミカンが旨そうだった。特に期待も持たずに見物したんだけど、水堀はあるし井戸もある。きちんとした虎口も形成されているしで案外楽しめる。だから長々とここで時間を過ごしていた。
 江戸詰めの龍穏寺住職に代わり寺領を支配したのが宮崎家。名主職を世襲した家柄というから、古い時代からの土豪屋敷であった可能性は高い。それにしても静かな時間が流れる場所だった。こんなところへ偶然立ち寄れるのも城館探訪の面白さだと思う。
2009/12/13
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武越生線「越生」下車
川越観光バス「黒山」行きで「上大満」下車
代官屋敷跡までは徒歩90分程度