高山不動尊
所在地 埼玉県飯能市高山
遺構 消滅
現状 高山不動尊
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 高山三郎重遠が居館を構える
正平23年/応安元年(1368) 高山氏、武州平一揆に参加し没落。一族は上野国へ逃れる
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社
 
 
高山不動遠景 高山不動の大銀杏 境内の平場
奥ノ院 関八州見晴台 山頂からの眺望
 
 秩父党高山氏の居館跡が高山不動尊だというから登ってみた。そうでなければこんな深山まで来ることはない。平成26年の大雪は関東地方でも記録的な豪雪となった。あれは2月だったが、その2月に登ろうとしてにっちもさっちも行かなくなり立ち往生の末に下山した。
 その1ヶ月後にリベンジを果たす。高畑林道の突き当りまで舗装された道を行く。そこから山道を登るのだが、これもまた遠かった。登ってみればただの山の上にあるお寺だ。遺構はないし案内板もない。徒労に終わった感覚だけがのしかかる。特に賑わっている場所でもないが、車で来られるためか人だけは多かった。自分がいちばん嫌いなパターンだ。
 これだけじゃつまんねぇなと関八州見晴台まで歩いてみた。ちょっとガスってから関八州とまでは行かず関五州ぐらいかね。木が伸びて茨城県方面の眺望は利かなかったし。4月目前の暖かい日だったから大汗かいたな。道中も越冬したヒオドシチョウがたくさん飛んでいた。やや高山性の成虫のままで越冬するチョウだ。これがなかなか嬉しくて結局は来てよかったなと満足して下山した。日焼けもしたしあまりにも暑かったから、中腹の不動の滝に立ち寄り水浴びをした。誰も来ないような場所だから上半身裸でしばらく滝に打たれていたけど、気持ちいいだけで煩悩なんか落ちないね。
2014/03/29
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西吾野」下車
高山不動尊までは徒歩2時間程度
特記事項