堀切
所在地 埼玉県飯能市下名栗
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・埼玉ふるさと散歩/さきたま出版会
 
 
明確な登山道はないので城跡南側の谷を歩き
少しでも楽そうな斜面を見つけて取りつく
砂礫質の山なのでかなり滑った
落ちても死ぬような角度と高さじゃないのが救い
遺構はかなり風化しているから落胆するかも
堀切もなんとなく残っている程度
主郭にボコッと大穴が空いているのが特徴
狼煙を上げた跡なのか単に巨木の抜根跡か
 
名栗根古屋城跡 二の郭跡と主郭跡 二の郭跡
堀切 腰郭 主郭跡
 
 埼玉の古城址に収録されている山城で近いから行きたいと思ってはいたけど場所がわからなかった。インターネット黎明期に名栗根古屋城の探訪記を載せているような人はいなかった。だんだんとこの城の情報量も増えたのでひとつ行ってみるかと。
 苦労して登ったわりにはかなりあっさりというかさっぱりというか。何もつけない食パンをかじるような気持ちだった。せめて豪胆な堀切でもあれば溜飲も下がるのだけど、この窪んでもいないような堀切では。とにかく城跡は城跡だから達成感は得られたけど。
 登り20分に対して見学はものの10分足らず。さて、砂質の山だから下りるのが大変で、がっしりした木を選んで下りていたら民家の庭先に下りてしまった。ちょうどがっしりした体格のお父さんが庭仕事をしていた。「どうも」と挨拶すると向こうも挨拶してきたのでしばらく話し込んだ。根古屋城のことは知っていた。他にも名栗村の変遷のことをいろいろ聞かせてくれたなぁ。ただ、メモしてないから忘れちゃった。印象に残っているのは山の上からあの山が見えるとかあの山は死角で見えないということだった。それってもう狼煙による情報伝達そのものだよね。あと、やっぱり名栗あたりだと家が絶えちゃうことが多いそうで、若い人はみんな都心へ出て行く。先祖代々受け継がれた家が途絶える。お父さんはそうした家を「ツブレ」と呼んでいた。たしか秩父で農家の人と話したときにも出てきた言葉だ。こうして伝承なんかも消えていくんだと思った。
2014/04/26
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
国際興業バス「湯の沢」行きで「諏訪橋」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項