堀切
所在地 埼玉県飯能市原市場
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 中世北武蔵の城/岩田書院
 
 
唐竹橋のバス停から北進し原市場へ抜ける峠道へ
切通しの西側にある高圧鉄塔保全道から登る
ここからはひたすら西へ西へ
いくつかのピークを越えヘロヘロになったあたりが城跡
また急な登りかよ!と思ったところに堀切がある
主郭東側の堀切と虎口が特筆モノ
二の郭北側に土塁が残るほか見どころは多い
主郭と二の郭にある土塁の向きから推察すると
北側にある天神峠へ抜ける道を意識した造りのように思う
いずれにしても飯能市内ではナンバーワンだと思います
 
リュウガイ城跡 登山道入口の切通し 東尾根の堀切
腰郭 主郭跡の虎口 主郭跡
主郭跡の土塁 堀切 二の郭跡の土塁
 
 リュウガイ城付近は熊がいると聞かされていたから躊躇していた。というか自分の脳裏から消し去ろうとしていた。しかしながら結構良い遺構が残る山城を前に我慢できなくなったので訪れた。ちょうどこの年、平成26年は関東も豪雪に見舞われた。それがケチのつきはじめで飯能と秩父方面はある意味鬼門となっていた。雪に阻まれて引き返したり、山城からの帰路で山火事に遭遇したり、飯能の山城では熊と鉢合わせになったりと。
 リュウガイ城も5月の快晴の日に登ったはいいが、城跡手前で空がにわかに掻き曇り雷鳴が轟き始めたのだった。途端にバケツをひっくり返したような豪雨と雷の轟音。周りは背の高い杉が林立していた。生きた心地もせず来た道を脱兎のごとく駆け抜けた。
 春先のスランプから脱出できたのは11月の昇仙峡見物だった。いくつかの山城を登り完全に不調を払拭しリュウガイ城へのリベンジの日がやってきたのは年末だった。峠道の切通し手前から登る。一度来ているから楽なものだ。嫌になるぐらいのアップダウンを繰り返しやっと城跡へ着いた。
 遺構は写真解説のとおりで飯能市内では屈指の山城だと思う。残念なのは飯能市って中世城館まったくやる気ないんだよね。市史見てもがっかりするような内容だもの。まだまだ探せば眠っている山城があると思うけどな。
2014/05/09・2014/12/26・2015/02/19
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
国際興業バス「湯の沢」行きで「唐竹橋」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩60分程度
特記事項