陣屋跡の現況
所在地 埼玉県日高市高麗本郷
遺構 空堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正18年(1590) 徳川家康の家臣大久保長安が代官陣屋を構える
慶長2年(1597) 火災で焼失し廃止となる
 
参考 Webサイト/日高市ホームページ
 
 
九万八千神社 平場 土橋と堀
 
 巾着田へ行くときにいつも通っていた道沿いの台地上が高麗本郷陣屋跡と知ったのはずいぶん後のことだった。奥さんの実家が日高市にあるので娘が小さい頃によく川遊びに連れて行ったものだ。見慣れた台地上を城館探訪として訪れてみたが、台地上は農地となっていた。一部は九万八千神社の敷地になっているので参道から上がれば問題はない。
 案内板も何もないけれど農地になっているぐらいだから台地上はまっ平らになっている。神社のある場所が一段高くなっているから、これが当時と同じ地形なんだろうな。神社境内との段差は一部だけど堀になっていて土橋があった。陣屋構築以前から居館があったのかもしれないが、伝承等は何も残されていないみたいだった。
2012/10/19
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「高麗」下車
陣屋跡までは徒歩10分程度