陣屋跡の土壇
所在地 埼玉県日高市栗坪
遺構 土塁・水堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
慶長2年(1597) 徳川家康の家臣大久保長安が陣屋を設置する
 
参考 諏訪神社案内板
 
 県道15号線で巾着田を通過し高麗川駅方面へ向かうと、JA高麗支所を過ぎて間もなく左手に諏訪神社が見えてくる。小さな神社なので見落とす可能性が大なので注意が必要だ。その手前のコンビニの脇から入ると立派な病院があるが、このあたりが陣屋跡となる。戦友に教えてもらった話だと高麗氏の居館があったのもこのあたりらしい。話をまとめるとほぼ場所は重なる。陣屋を置くぐらいの場所だから昔から集落の中心だった場所だったわけで納得できる話だ。
 細い道を進んで行くと当時の堀割と思われる水路が廻らされている。陣屋があったと考えられる場所は一段高くなっており、畑の真ん中の土盛り上には小さな祠が祀られていた。北東に位置する稲荷神社はおそらく鬼門除けなのだろう。明確な遺構は見られないが、それとなく雰囲気は感じられる。途中で道を尋ねた地元の方との会話が弾み何も無くとも楽しむことができた。
2009/10/1・2014/12/168
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「高麗川」下車
国際興業バス「飯能」行きで「栗坪」下車
陣屋跡までは徒歩10分程度