高麗家住宅
 
 
慶長年間造営の家屋
所在地 埼玉県日高市新堀
遺構 家屋
現状 公園
目標物 案内板
史跡指定  
 
天智7年(668) 新羅に滅ぼされた高句麗王族の若光が武蔵国に移住する
文和元年(1352) 新田義興に従った高麗行高が足利氏に敗れ所領を没収される
 
参考 高麗神社案内板
 
 
高麗神社 高麗神社拝殿 聖天院
 
 冬晴れの日に高麗一族の史跡を訪ね歩いた。渡来系高麗氏についての歴史をかいつまんで語らねばなるまい。新羅に滅ぼされた高句麗王族の若光が日本へ逃亡し一族と家臣たちは高麗川流域を開拓した。彼らが開拓した地は高麗郡となる。高麗若光の居館は高麗神社付近に構えられたという。
 高麗若王の子孫は高麗神社の宮司を代々務めてきたが、日本に武士が登場するようになり、高麗郡にも丹党高麗氏や秩父党の高麗氏が登場する。ここからがややこしくなるが、渡来系の高麗一族も領土を守るために武士化して日本の高麗氏と姻戚関係を結んだりもした。
 南北朝時代には武士化した高麗氏の姿が如実に現れ、新田義興に従い足利氏と戦ったり、観応の擾乱では足利直義に味方して敗れるなど、終始南朝方として戦っている。北朝に敗れた高麗行高は上州藤岡に逃れて所領を没収された。後に許しを得て高麗郡に戻り、その臨終に際して「高麗氏は修験の家であり今後は合戦に参加してはならぬ」との遺訓を残した。高麗氏宗家は高麗神社の宮司として連綿と続く。
 高麗神社はとても綺麗な神社だ。ちょうど祭礼が行なわれて賑わっていた。中世の高麗氏の居館としての遺構は残っていないようだが、江戸時代初期に建てられた住宅が今も残っている。
2012/12/19
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「高麗」下車
館跡までは徒歩30分程度