山口氏居館跡
所在地 埼玉県日高市横手
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 山口氏が居館を構える
 
参考 埼玉県の中世城館跡/埼玉県教育委員会
 
 暮れの寒い日に戦友と入間郡の城館跡と訪ねたときに立ち寄ったと思います。その日は城館探訪するにはやや遅い時間に合流したので飯能市から日高市を経て毛呂山町あたりまでに点在する城館跡を訪ねています。最初に訪れたのが山口氏の居館跡で、武蔵横手駅のほとんど目の前でした。
 入間郡で山口氏と聞くと村山党を連想しますが、こちらの山口氏は北条氏の重臣松田氏に仕えてこの土地の代官を務めた武士で、その起源は周防の太守大内氏に繋がるらしく末裔に今川義元への寝返りが露見して織田信長に殺された山口教継がいます。その一族が武蔵へ移り住んだということですが、裏付けに乏しく確証を得るまでには至っていません。もしそうだとすると牛久藩主山口氏と同族ということになりますね。
 居館跡は武蔵横手駅のすぐ北側にあり訪れやすい場所です。薬師堂の麓にある邸宅が山口氏の居館跡とされており、今も末裔がこの地を守ります。残念ながら明確な遺構はありませんが、西側から南側にかけて小川が流れており、ちょっとした土地の起伏も見られます。付近に誰もいなかったために伝承等を聞き取りすることは叶いませんでした。少し気になったのは付近に大川戸姓の方が多いことでした。山口氏が移住する以前のこの土地と何か関係がありそうな気がしました。
2014/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「武蔵横手」下車
館跡までは徒歩5分程度