陣屋跡
所在地 埼玉県日高市中鹿山
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正18年(1590) 徳川家康に仕えた飯田氏が陣屋を構える
 
参考 Webサイト/城跡ほっつき歩記
 
 日高市内にある高麗一族の居館探訪をしたときに立ち寄ってみた近世旗本陣屋です。徳川家康は武田氏の遺臣を多く召し抱えていますが、飯田氏も武田氏滅亡後に家康に召し出されて旗本となっています。現在の笛吹市八代町に飯田氏の屋敷跡が伝わっていますが、その家系でしょうか。
 入間郡にある旗本陣屋には武田旧臣と称する家が多く、本能寺の変後に徳川氏に召し抱えられた者もいれば、武田氏滅亡後に北条氏を頼って武蔵へ逃げ込んだ者も多いようです。結果的には北条氏滅亡後に関東へ入国した家康の家臣団に組み込まれることとなります。異説として酒井伯耆守の陣屋跡とする説もありますが、はっきりとしたことはわかりません。
 中鹿山の公民館付近にある宅地が陣屋跡で土塁と空堀も多少は残っているようですが、特に文化財扱いもされていない民家のために近づくのはためらわれるような場所でした。ここを訪れる数年前までは容易に近づくことができたようですが、僕が訪れたときには周辺も新しい宅地が建ち並びどこから近づいていいのかわからないような有り様でした。ちょうど地区の秋祭りが行なわれている日だったために町の人が総出で御輿を囲んで打ち上げをしている最中でもあり、どこを歩いても人、人、人だったために遺構の確認はあきらめました。
2009/10/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「高麗川」下車
陣屋跡までは徒歩15分程度