萱方城
 
 
案内板
所在地 埼玉県坂戸市鶴舞
遺構 消滅
現状 城跡公園
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 浅羽下総守が築く
天正18年(1590) 北条氏が滅び浅羽城も廃城となる
 
参考 浅羽城跡案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 戦友と入間郡の城館探訪をした折に立ち寄っています。浅羽氏は児玉党の末裔で坂戸市北浅羽に居館を構えていました。戦国時代になり萱方に浅羽城を築いて移り住んだと考えられています。浅羽氏は北条氏に仕えていたため、豊臣秀吉の小田原征伐で滅んでいます。
 浅羽城跡は城跡公園として主郭跡とされる場所が保存されており案内板も設置されていますが、遺構は完全に消滅しています。古い図面が残されていますが、宅地開発で区画整理が行なわれているために図面と照らし合わせて遺構を探すという作業すらできないのが現状です。
2009/12/13
 
公共交通機関 地図リンク
東武越生線「一本松」下車
城跡までは徒歩30分程度