土塁
所在地 埼玉県坂戸市石井
遺構 土塁・空堀
現状 大智寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 勝呂恒高が居館を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
大智寺 土塁 土塁と空堀
 
 北坂戸駅の東にある大智寺が村山党勝呂氏の居館跡とされています。ここを訪れたのは買ったばかりの一眼レフのデジカメで松山城の写真を撮影しに行くときでした。なぜ立ち寄ったのかは覚えてはいませんが、松山城だけでは物足りないと思ったのでしょう。
 勝呂氏は須黒、勝、須久留とも表記されていますが、坂戸市が発行する出版物では勝氏と表記されていました。小越四郎家恒の子恒高が系図に見える勝呂氏の初代であり、吾妻鏡に須黒兵衛太郎、須久留兵衛次郎の名が見られるなど、一族は鎌倉幕府の忠臣として活躍していたことがわかります。その血脈は戦国時代まで生き続けて北条氏の家臣の中にも勝呂氏の名前が見られます。
 訪問する前はそれほど期待はしていませんでした。大智寺の山門か本堂の写真でも撮影して帰ろうとぐらいにしか考えていませんでした。現地を訪ねてみると予想は覆されました。一部ではありますが遺構がよく残っていました。土塁は低くなり堀も浅くはなっていますが、全体を知る手がかりとしては十分な遺構でした。勝呂氏との関わりを示すような案内板等はなかったと記憶していますが、予想外の収穫に喜んだことを覚えています。
2009/12/07
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「北坂戸」下車
市内循環バスで「健康センター」下車
大智寺までは徒歩5分程度