城山砦・上杉城
 
 
主郭跡の空堀
所在地 埼玉県狭山市柏原
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 狭山市指定史跡
 
天文12年(1543) 山内上杉憲政が北条氏の河越城攻撃のために築く
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
柏原ニュータウン行きのバスを利用すると便利
新狭山駅から歩いても30分程度
小さな城だがまとまりがあって遺構もよく残る
見どころは主郭を囲む空堀
東は崖が天然の要害を成すので残り三方位の空堀が見事
主郭の土塁も規模があってなかなか良いし
虎口も明確に残されている
 
柏原城跡を望む 二の郭跡の土塁と空堀 二の郭跡と土橋
主郭跡の空堀 主郭跡の虎口 主郭跡
 
 自宅から近いこともあり何度か訪れている城です。以前は堀底にゴミが捨てられて無残な姿をさらけ出していましたが、最近はゴミの投棄も少なくなり美しい空堀を見ることができるようになりました。
 平安時代末期の柏原氏が構えた館を起源とする説もありますが、河越城を廻る攻防で山内上杉氏が北条氏に対する備えとして築いた城と考えて良さそうです。あるいは室町時代に扇谷上杉氏の支城があったかもしれません。それを再利用するかたちで山内上杉憲政が本陣とした可能性も十分に考えられると思います。遺構については申し分ない状態です。小さな城だけどギュッと身が詰まったような感じが好ましい城跡です。土塁の高さと堀底の深さは訪れる人を満足させてくれることでしょう。道標や案内板も設置されて大切にされているのがいいですね。
2008/03/01・2017/01/15
 
公共交通機関 地図リンク
西武新宿線「狭山市」下車
西武バス「西武柏原ニュータウン」行きで「柏原東」下車
城跡までは徒歩10分程度