江戸時代の庚申塔
別 称 御所ノ内
所在地 埼玉県狭山市柏原
遺 構 消滅
現 状 農地
目標物  
史跡指定  
訪問日 2008/03/01
 
元弘3年(1333) 鎌倉へ進軍する新田義貞が砦を築く
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
西武新宿線「狭山市」下車
西武バス「サイボクまきばの湯」行きで「坂上」
徒歩1分
 
 
 
 柏原城の南西に鎌倉へ向けて進撃した新田義貞が構えた砦があったという伝承がある。正確な場所はもうわからなくなっているが、城ノ腰という地名だと柏原城の位置とほとんど重なってしまう。そうなると柏原城そのものが義貞の砦だったのかもしれない。上州を発した義貞はかなりの進撃速度で鎌倉街道を南下しているから、時間をかけて砦を構築したとは思えない。せいぜい柵を並べただけの陣所を構えて人馬を休ませただけだと思う。