入間川御陣
 
 
徳林寺
所在地 埼玉県狭山市入間川
遺構 消滅
現状 徳林寺付近
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
正平8年/文和2年(1353) 足利基氏が陣城を構築する
正平17年/康安2年(1362) 基氏、陣を引き払う
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 観応の擾乱で足利尊氏の三男基氏が9年近く在陣したのが入間川御所です。ここを訪れてから16年ほど経った今、記憶はほとんど曖昧ですが、最も有力な比定地である徳林寺を訪ねても手がかりはありませんでした。一時的な陣城ではなく9年間滞在したわけだからそれなりの構えは構築されたはずですが、地形以外に痕跡は残っていません。寺社を徴発して陣屋としただけかもしれませんが、そうであれば寺伝に残りそうなものです。宅地開発の著しい場所なのでなかなか発掘などもできないと思われ、入間川御所は伝説のまま日の目を浴びることはないかもしれませんが、城があったことを人々の心に刻み込むためにも訪れねばならないと思っていた場所でした
2001/09/18
 
公共交通機関 地図リンク
西武新宿線「狭山市」下車
徳林寺までは徒歩15分程度