徳林寺
別 称 入間川御陣・入間川城
所在地 埼玉県狭山市入間川
遺 構 消滅
現 状 徳林寺付近
目標物  
史跡指定  
訪問日 2001/09/18
 
正平8年/文和2年(1353) 足利基氏が築き9年に亘り滞在する
正平17年/康安2年(1362) 基氏が陣を引き払う
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
西武新宿線「狭山市」下車 徒歩15分
 
 
 
 観応の擾乱が起きると足利尊氏の三男基氏は入間川に在陣し、足かけ9年に亘り在陣し続けた。それだけ長く在陣していれば、簡素な陣城ではなくそれなりの構えを持った城が築かれたはずだと思うが、南北朝時代の城館ともなれば、堀を廻らせて柵を置いただけなのかもしれないし、跡形も残らないのは無理もないとは思う。
 結局のところ入間川御所の場所は特定されていない。狭山市駅の西側には魅力的な地形が残るが、御所の有力な比定地は徳林寺あたりとされる。基氏だけではなく従軍した武将たちの陣所も築かれたはずだから、広範囲に陣が展開していたのだろう。