川越城・初雁城・霧隠城
 
 
富士見櫓跡の土塁
所在地 埼玉県川越市郭町
遺構 本丸御殿・土塁・空堀・水堀
現状 初雁公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
長禄元年(1457) 扇谷上杉氏の家宰太田道灌が河越城を築く
天文6年(1537) 北条氏綱が河越城を扇谷上杉氏から奪取する
天文15年(1546) 北条氏康が河越夜戦で扇谷と山内両上杉氏に古河公方足利氏を加えた連合軍を破る
天正18年(1590) 北条氏滅亡。徳川氏家臣酒井重忠が1万石で入封
寛永16年(1639) 松平信綱が6万石で入封
元禄7年(1694) 柳沢吉保が7万2千石で入封
明和4年(1767) 松平朝矩が15万石で入封。以降松平大和守家が文久元年(1861)まで在城
明治2年(1869) 松平康載が城主のときに廃藩置県を迎える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
 
 
本川越駅から蔵造りの街並みを抜けてゆくと道標あり
大部分は官公庁や学校となり原型を留めていないが
本丸御殿が残る城は数少ないので貴重な遺構だ
富士見櫓の土塁も見事で本丸周辺は見応えがある
三芳野神社境内にもL字型の土塁が残っている
最近、整備された中ノ門跡の空堀もぜひ見ておきたい
あまり目立たないが郭町浄水場の南側に広がる水田は
姿かたちこそ変われど川越城の水堀跡である
 
本丸御殿 富士見櫓の土塁と堀跡 天神曲輪の土塁
中ノ門跡の空堀 三の丸堀跡 水堀跡
水堀跡 時の鐘 河越夜戦跡の碑
 
 川越は自宅から近いこともあってよく訪れています。東武東上線で比企郡や大里郡方面へ出かけるときの起点になることもあり、河越城もそのついでに立ち寄るということが多いから実際には数十回は訪ねているかと思います。娘が小さい頃に家族でもよく遊びに来ました。
 関東七名城のひとつに数えられ、太田道灌の築城譚でも知られる名城ですが、町屋地区は寺院や蔵造りの街並みがよく保存されているのに比べて城郭として見た河越城は寂しい限りです。湿地を利用した城だったことと平城であったことが災いしてあまり痕跡を残していません。明治維新で江戸が東京に変わると江戸城に近い河越城は忍城や岩槻城とともに旧権威の象徴として徹底的に破壊されてしまいました。
 ネガティヴな話ばかりになってしまったので河越城の面影を少しでも伝えられたらと思います。本丸周辺は今もよく面影を残していると思います。全国的に見ても数少ない本丸御殿が現存しており、天守の代用だった富士見櫓跡の巨大な土塁も見応えがあります。最近になって整備された中ノ門跡の空堀も規模が大きい遺構です。他にもよく探してみると堀の痕跡を辿れる場所がいくつか残されています。
 小江戸川越とくれば城下町散策ですね。江戸時代から残る蔵造りの商家や古い寺院巡りも楽しいと思いますし、少し足を延ばせば河越夜戦跡の石碑が建つ東明寺もあります。ずいぶん前に富士見櫓を復元するという話があり、土塁上の御嶽神社を撤去したところで頓挫していました。今は復元についての基準が厳しくなり古写真や図面があることと日本古来の木造でないと認可が下りないため計画段階で中断していましたが、本丸跡にある初雁球場の老朽化に伴い、取り壊した後に本丸跡を大々的に復元する計画が立ち上がりました。富士見櫓再建のプランも含まれているようで楽しみです。
2005/04/03・2007/11/18日・2009/11/15
 
公共交通機関 地図リンク
西武新宿線「本川越」下車
城跡までは徒歩20分程度