多和目城・大崖の城
 
 
主郭跡の虎口
所在地 埼玉県坂戸市多和目
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
室町時代末期 宿谷重近が築く
天正18年(1590) 宿谷重利は小田原城に籠城し討死し田波目城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
田波目城跡遠景 土塁 空堀
 
 5月の連休で日高市にある家内の実家に出かけたときに訪れました。地図とカメラを持参していたから確信犯ですね。最初から田波目城へ行くつもりでいました。家から歩いて1時間もかからなかったと思います。碁盤の目みたいな街並みだから迷うこともありませんでした。通りに出てからは一本道を北上するだけなので楽でした。
 南側から見る田波目城はなかなか雄々しい姿をしています。どうやって登ったらいいのか少し躊躇するような山容ですが、北側に回れば城跡近くまで宅地化されているのでほとんど登ったという記憶がありません。配水池の設備が主郭にあり案内板も設置されています。案内板は目の細かい金網の向こう側にあるために意味を為さないような感じがしました。城跡そのものも規模も小さく古式な感じです。土塁は確認できますが空堀はほとんど埋もれているので写真だとさっぱりわかりませんね。全体的にもっさりとしたシャープさにかける印象だけがあります。
2005/05/03
 
公共交通機関 地図リンク
東武越生線「西大家」下車
坂戸市循環バスで「多和目」下車
城跡までは徒歩15分程度