郭跡
所在地 埼玉県坂戸市中小坂
遺構 郭・土塁・空堀
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
江戸時代初期 徳川家の旗本本多九蔵秀玄が陣屋を構える
 
参考 大穴城跡案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
郭跡 土塁 土塁と空堀
 
 この城跡は二度訪れています。はじめて訪れたときにも案内板があって驚きましたが、再訪したときには案内板が新しくなっていて、このときも驚きました。無名の城館跡にしては嬉しい配慮です。
 歴史ははっきりとしていません。江戸時代のはじめに徳川家康の旗本本多秀玄が陣屋を構えたということですが、それ以前からあった城館を再利用したものでしょう。それがいつの時代のものかと問われると返答に窮してしまいます。おそらくは南北朝時代から室町時代にかけて築かれた城であり、武州平一揆に関連した城ではないかと思います。
 現状はあまり良い状態ではありません。団地建設で半分は失われてしまい、残る半分も宅地開発により消え去ろうとしています。最初に訪れたときは空堀がはっきりと残っていましたが、ここも既に失われているようでした。
2002/02/23・2007/11/02
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「若葉」下車
坂戸市循環バスで「東坂戸団地入口」下車
城跡までは徒歩5分程度