城跡の現況
所在地 埼玉県坂戸市小山
遺構 消滅
現状 三福寺
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏が城郭寺院として利用する
天正18年(1590) 上杉景勝の軍勢に攻められ焼失
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・三福寺案内板
 
 浄土宗三福寺は平安時代創建の古刹です。僧兵がいたかはわかりませんが、戦国時代には北条氏の庇護を受け、軍勢の駐屯地として使用されたという歴史があるようです。寺院が城郭として使用されるのは珍しいことではなく、東京都府中市の高安寺は幾度も城郭として利用されていました。織田信長が横死した本能寺も堀や土塁を備えた城郭寺院だったことはよく知られています。
 天正18年(1590)に豊臣秀吉は北条氏討伐の号令を発し、中山道からは前田利家、上杉景勝、真田昌幸ら錚々たるメンバーが進軍しました。北条氏の有力拠点である鉢形城や松山城をはじめとする周辺諸城を攻め潰しつつ行軍したわけですが、その時に三福寺も上杉景勝の軍勢による兵火にかかり伽藍や宝物の多くが焼失したと案内板には記されていました。
 現在は遺構らしいものは見当たりません。寺院を城の代用としたのですから当然だとは思いますが、寺院の北側には郭跡らしい地形があります。周辺の畑との段差は堀の名残と思います。
2009/12/13
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「坂戸」下車
川越観光バス「大橋」行きで「小山」下車
三福寺までは徒歩5分程度