土塁
所在地 埼玉県鶴ヶ島市上広谷
遺構 土塁
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 岸田正春が居館を構える
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館・正音寺案内板
 
 戦国時代に扇谷上杉氏に仕えた岸田正春の居館跡とされています。岸田屋敷に隣接する正音寺は弘治元年(1555)に岸田正春の開基によるという寺伝が残ります。河越夜戦で上杉朝定が討死すると、正春はその遺児を引き取って岸田正信と名乗らせて養育しました。旧主の恩を忘れぬ忠臣であることが垣間見える話です。正音寺には弘治2年(1556)11月8日の年号が刻まれた正春の墓が残っています。
 このあたりは岸田氏の館跡とされる場所がいくつかあります。古くから居住していたので分家の屋敷も伝わっているのでしょう。遺構としては土塁の一部が残っているに過ぎませんが、浅間神社の石碑には岸田屋敷のことについて触れられていました。
2010/02/22
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「若葉」下車
鶴ヶ島市循環バスで「正音寺前交差点」下車
屋敷跡までは徒歩5分程度