上戸城
 
 
北側の土塁
所在地 埼玉県川越市上戸
遺構 郭・土塁・空堀
現状 河越館跡史跡公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
永暦元年(1160) 河越重隆が居館を構える
文治元年(1185) 河越重隆、源義経追討に連座し誅殺され所領没収となる
嘉禄2年(1226) 河越重員、武蔵国留守所惣検校職に任じられる
正平23年/応永元年(1468) 武州平一揆起こる。鎮圧後、中心的存在だった河越直重は没落する
明応6年(1497) 山内上杉顕定が扇谷上杉氏の拠点河越城の対の城として河越館に7年間在陣する
天文15年(1546) 河越夜戦で北条氏が勝利し、これ以降河越館は大道寺氏の居城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
河越館跡 西側の土塁 北西隅の土塁
北側の土塁 東側の堀跡 上杉氏時代の堀跡
 
 坂東平氏の名族河越氏の居館跡として古くから知られている場所です。河越城よりも古い時代に築かれた館ですが、戦国時代まで北条氏の支城として使用されてきました。常楽寺を中心とした館で北西の土塁がよく残っています。以前はそれぐらいですしたが、数次に亘る発掘調査の終了を待って河越館跡史跡公園が完成しました。早速訪れてみたのですが正直なところ「こんなものか」といった程度の復元です。それでも上杉氏時代と大道寺氏時代の堀のラインがわかるように配慮されており、時代による館の変遷が理解できます。
2005/06/06・2010/10/19
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「霞ヶ関」下車
館跡までは徒歩20分程度