喜多院構
 
 
空堀
所在地 埼玉県川越市小仙波町
遺構 空堀
現状 喜多院
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天長7年(830) 慈覚大師が無量寿寺を建立
慶長4年(1599) 天海僧正が住職となり喜多院と改称する
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
空堀 空堀 仙波東照宮
 
 堀ノ内という名称から武士の居館を連想しますが、早い話が喜多院のことです。平安時代のはじめからある古刹ですから、武士が居館を構えるような隙はありません。ただ、喜多院の周囲は深くて規模の大きな空堀が廻ります。近世城郭の空堀と遜色ない規模ですから見応えはありました。川越城が江戸城の守りとして譜代大名と親藩が置かれたことや境内に仙波東照宮が祀られたように喜多院は川越城の出城としての機能を有していました。有事が起きたときには城郭として利用する意図が明確に残されています。
2006/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
西武新宿線「本川越」下車
喜多院までは徒歩15分程度