長徳寺
所在地 埼玉県川越市仙波町
遺構 消滅
現状 長徳寺
目標物 案内板
史跡指定 川越市指定史跡
 
平安時代末期 仙波七郎家信が居館を構える
応安元年(1368) 武州平一揆に加担し仙波氏は没落する
 
参考 関東百城/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 川越駅から東へ20分程度歩いたところに長徳寺があります。山門脇にここが仙波氏の居館跡であることを示す立て札がありました。仙波氏は村山党から分かれた一族ですが、それほどの武勇伝を伝えている人物は出していません。武州平一揆で落魄しましたが、子孫は扇谷上杉氏、北条氏に仕えて命脈を保っており、江戸時代には旗本として家名を存続させています。長徳寺を歩いてみても遺構はありませんが、東側が落ち込んだ地形となっていますから台地崖線を利用して居館を構えたのでしょう。
2015/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
JR川越線・東武東上線「川越」下車
長徳寺までは徒歩20分程度