陣場跡案内板
所在地 埼玉県川越市砂久保
遺構 消滅
現状 稲荷神社
目標物 案内板
史跡指定 川越市指定史跡
 
天文14年(1545) 山内上杉憲政が河越城包囲のために陣場を構築する
天文15年(1546) 河越夜戦で敗れた憲政は上野国平井城へと敗走する
 
参考 砂久保陣場跡案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 ここを訪れたのは随分と昔です。娘が生まれる前の話で、気楽にあちらこちらを旅していた頃ですね。今もあまり変わりませんが。時代背景で言うと星野仙一監督を迎えた阪神タイガースが生まれ変わろうとしていた時期です。
 陣場跡を城館として紹介するのは気が引けるのですが、日本城郭大系にも収録されていますし、かなり長い期間に亘り上杉憲政はここに布陣していたわけですから、それなりの構えは整えられていたものと思います。河越夜戦のことをさらりと触れておきましょう。河越城は北条綱成が3千の兵で守りを固めていました。救援に駆けつけた北条氏康の手勢は8千です。対する上杉憲政は昨日の敵だった扇谷上杉朝定と和睦し、さらには古河公方足利晴氏まで抱き込んで8万と称する大軍を擁していました。かなり太平記的な数字なので割り引いて考える必要がありますが、それでも兵力差は5倍以上の開きがあったことは間違いないでしょう。まともに戦えば勝機はないとみた氏康はわざと小競り合いで負け続けます。これに油断した連合軍の惰気を衝いたのが天文15年(1546)4月20日の夜戦でした。氏康は夜間でも敵味方の区別を容易にするため白い目印を着けて敵陣に夜襲を仕掛け、不意を衝かれた上杉勢は大混乱となり、上杉憲政と足利晴氏は本拠地へ敗走し、上杉朝定に至っては戦死してしまいます。この合戦を契機として北条氏は武蔵一円の制圧に成功したこととなったのです。なんだか田宮模型の説明書の戦史みたいな書き方になってしまいました。
2002/03/12
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「新河岸」下車
稲荷神社までは徒歩20分程度