南西の空堀
所在地 埼玉県川越市下広谷
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
室町時代 扇谷上杉氏による築城と推定される
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・大堀山館跡案内板
 
 
似たような雑木林が多くてわかりづらいが
首都圏中央連絡自動車道を背にして本応寺別院のある道を
入って行くと案内板があります
南側にも案内板があり入れますが少しわかりづらいかも
遺構はほとんど完全に残り三重の土塁と空堀は見事なもの
ただ、鬱蒼とした藪と雑木林で方向感覚が狂う
 
北西隅の土塁 北西隅の土塁 北側の空堀
北東隅の土塁と空堀 主郭跡 西側の空堀
南側の空堀 南側の空堀 南側の空堀
 
 川越市内では文句なくナンバーワンではないでしょうか。僕も三度足を運んでいるぐらいです。以前と違うのは埼玉県指定史跡に昇格し案内板が設置されたせいか不法投棄が少なくなったように思えました。それでも鬱蒼とした森林であることに違いはありません。はじめて訪れたときは遭難するのではないかと思ったぐらいです。
 歴史が不明な城館跡ですが、この付近はそういった場所が多いですね。扇谷上杉氏が山内上杉氏の補給路を断つ目的で築いたものと思われます。周辺諸城もそうした役割のために築かれたのでしょう。土豪の館でないことは伝承が残らないことが裏付けとなります。良い城は何度訪れても楽しいので今後もまた訪れるかもしれません。
2002/02/02・2007/11/02・2010/02/22
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「若葉」下車
東武バス「川越駅」行きで「観音堂」下車
城跡までは徒歩10分程度