南西の空堀
別 称  
所在地 埼玉県川越市下広谷
遺 構 郭・土塁・空堀
現 状 山林
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
訪問日 2002/02/02
2007/11/02
2010/02/22
 
  歴史不詳
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
中世城郭事典/新人物往来社
大堀山館跡案内板
 
 
東武東上線「若葉」下車
東武バス「川越駅」行きで「観音堂」下車 徒歩10分
 
 
北西隅の土塁 北西隅の土塁 北側の空堀
北東隅の土塁と空堀 主郭跡 西側の空堀
南側の空堀 南側の空堀 南側の空堀
 
 川越市内では筆頭に挙げられる城跡だと思う。河越城や河越氏館の遺構を遥かに凌駕している。歴史は解明されておらず、知名度もほとんどないが、雑木林に残る遺構は文句のつけようがない状態だった。以前はゴミが捨てられていたが、埼玉県の史跡となり案内板が設置されたおかげか、二度、三度と足を運んだときにはゴミは落ちていなかった。
 はじめて訪れたのは友人の案内だった。それがなければたどり着けないぐらいに付近には似たような雑木林が多い。中に入ると強烈な藪で自分の位置を見失うぐらいだった。誇張ではなく本当にそう思った。遺構はほとんど完全と言っていいほどに残っている。南東隅に破壊された箇所があるぐらいで見事なものだった。
 この素晴らしい城館跡の歴史がわかっていない。川越市と鶴ヶ島市の境界には歴史不詳の城跡が多く点在している。一般論として語られているのは扇谷上杉氏が山内上杉氏の補給路を断つ目的で築いたという説である。土地に根ざした土豪の館でないことは伝承が残らないことが証明している。こうした城館跡の多くが道路建設や宅地開発で次々に失われているのは残念でならないが、大堀山館は史跡として保存されていくことだろう。