西側の土塁
別 称 宮廻館
所在地 埼玉県川越市下広谷
遺 構 土塁・空堀
現 状 宅地
目標物  
史跡指定  
訪問日 2007/11/02
2012/01/04
 
  歴史不詳
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東武東上線「若葉」下車 城跡までは徒歩30分
 
 
広谷南城跡 西側の空堀 東側の土塁
 
 新編武蔵風土記稿に収録されている下広谷村古跡三ヶ所のひとつに当たると思われる。少し曖昧なのは広谷南城については研究者の解釈の相違が顕著であり、日本城郭大系と埼玉の古城址では別々の城館を取り上げている。もっとも日本城郭大系は某館として掲載しているが。
 歴史的な背景はまったく不明だが、やはり扇谷上杉氏が山内上杉氏と争っていた時代の産物だろう。周辺に点在する城館跡は破壊され、荒廃が進んでいるのが現状だが、広谷南城は旧家の敷地となりわずかながらも遺構が残されている。民家の屋敷森の中に遺構があるので少し歩きづらいが、土塁も空堀もよく残っていた。圏央道が貫いているのが残念であり、今後も破壊される懸念が大きい。