善仲寺館
 
 
空堀
所在地 埼玉県川越市古谷上
遺構 土塁・空堀・水堀
現状 善仲寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 古尾谷八郎が居館を構える
戦国時代 岩槻太田氏の家臣仲筑後守資信が居城とする
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
善仲寺 南側の堀跡 西側の土塁
西側の水堀 北側の土塁 北側の空堀
 
 川越市古谷上にある善仲寺は鎌倉時代の御家人古尾谷氏の居館と伝わります。その出自は明らかではありませんが、戦国時代まで古尾谷氏はこの館を居城としていたようです。古尾谷氏が途絶えたのかどうかは不明ですが、戦国時代末期には岩槻太田氏の家臣仲筑後守資信がここを居城として、館の規模を拡張して平城として発展させたようです。北条氏が滅亡すると岩槻太田氏も同時に没落し古尾谷館は廃城となりました。
 開発の激しい川越市ですが、この場所は駅からはやや遠いことと寺院となっていることが幸いして遺構はある程度残されています。特に本堂北側の竹藪の中に残る土塁と空堀はそこそこの規模を持つものでした。この日は遅い時間に訪れたため少し日が翳っていますが、西日を浴びて黄金色に輝く風景はなかなか良いものでした。
2002/02/23・2012/12/12
 
公共交通機関 地図リンク
JR川越線「南古谷」下車
善仲寺までは徒歩30分程度