今成屋敷付近の現況
所在地 埼玉県川越市今成
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 川田備前守今成が屋敷を構える
 
参考 埼玉ふるさと散歩/さきたま出版会
 
 ここを訪れたのは夏の暑い日でした。遺構もなく所在地も確定していない屋敷跡を訪ね歩くのは過酷でした。川田今成は戦国時代に北条氏に仕えていた武士と伝わります。それどころか伊勢新九郎の子孫で家紋も三つ鱗を使用したというから、一門衆といって差し支えありません。その伝承が本当であればという話ですが。ずいぶんと大きく出た人物ですが、事跡はほとんどわかりませんでした。
 居館跡も幻に包まれているかのようで、安堂寺の東から熊野神社にかけてのどこかにあったというぐらいしか手がかりはありません。ただ、南北を水路に挟まれた地形であり、屋敷を構える条件は整ってはいます。個人的には安堂寺の西側、水田と水路から境内の敷地が立ち上がるあたりに館跡らしさを少しだけ感じ取ることができました。
2013/08/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR川越線「西川越」下車
屋敷跡までは徒歩20分程度